オススメしないトレーニング種目

こんにちは!コンフィード深町です(^^)/


6月に入って日中は暑い日が続いており、マスク着用での運動は辛いですがクライアントの皆様頑張っております(^-^)


さて、今回お話しするのは「おすすめしないトレーニング種目」です。


そして今回紹介する種目は『グッドモーニング』というトレーニング種目です('ω')ノ


主に太もも裏・お尻を鍛える種目としてメジャーなトレーニングとされています。


特に女性の方が取り入れているのをジムでよく見かけます(^-^)


ではなぜメジャーな種目であり、多くの方が行っているのにオススメしないのか。


それは、


「腰への負担が半端ない」


そう、ケガのリスクです。


記載してある写真を観てほしいのですが、負荷を肩に担いだ状態で股関節を曲げていますよね。


ということは、背骨の上に負荷が乗っている状態です。それも首の少し下の背骨です。


確かにあの姿勢が取れればお尻から太もも裏は伸ばされ、そこに負荷が乗るので伸張性のトレーニングになり鍛えることができます。


でもでも、冷静に分析してみてください( ゚Д゚)


筋肉の視点ではなく、骨格の視点からあの写真を観てみると、


支えているのは骨盤に最も近い背骨です。


イメージしてください(^^)/


「そこに木があります。そしてそこから1本の枝が木から生えています。1mくらいある枝にしましょうか。高さはあります。少し頑丈そうなので、急に枝にまたがってみたくなりました。木登りし枝にまたがるとしたら、あなたはどこに座りますか?」


① 木の生え際からゆっくりと

② 先端に直行


考える余地もなく、折れる可能性があるので①ですよね(^^)/


②を選んだ方はその心の強さに脱帽です。笑


そう、長い物の先端に負荷を乗せると折れるかもというのは誰もが想像できること。


では先ほどのトレーニング画像に戻りましょう('ω')ノ


背骨を1本の棒だと思って下さい。


背骨の根っこ部分に負荷が多く掛かるのが想像できると思います((+_+))


ヘルニアなどの腰痛になるリスクは大きいですので、もし肩に担いでグッドモーニングを行っている方がいましたら、別の種目に変えることをお勧めします。


そして、いないとは思いますが、パーソナルトレーナーに勧められて実践しているという方がもしいたら、トレーナーさんを変えたほうが良いと思います(;^ω^)


今のところグッドモーニングという種目を全否定しておりましたが、実は使い方によってはとても良いトレーニングになるんです(^^)/


これを知っているか知らないかでトレーニングの質が大きく変わってくるのを僕は知っています(^^)


次回、グッドモーニングの正しい使い方についてお伝えしますね!


ではまた(^-^)


~ Private Gym ~ KONFiDO代表 深町孝治





68回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示